Loading...

遠近両用メガネ/購入ポイント/店舗型別

遠近両用メガネを購入する時、店舗から選ぶ方のために

遠近両用メガネ/購入ポイント/店舗型別


遠近両用メガネは使いづらい・・・よく聞くお話です。実際の満足度は低く、「見たいところが見えない」・「疲れる」・「ボケるところがある」などの苦情があるようです。つまり、ちゃんと作るのは難しいことなんです。それをできるだけ簡単にするためには、どんな店舗に行くべきかを御紹介します。この分野も、昔に比べるとかなり価格が下がっています。安くて大丈夫か? の不安のほうが強いようです。

 

価格優先//生活優先ならば、価格を最優先するのは自然なことです。その点でJINS、Zoffが選ばれるのは自然なことです。ただし、両店ともに遠近両用メガネを得意としているとは思えません。遠近両用メガネが初めての方は、眼科処方をお持ちになることを前提としてもお勧めしかねます。ある程度見やすい遠近両用メガネを、できるだけ安く購入するには、統一価格店・全国チェーン店・地方チェーン店・個人店に用意してあるセットが下限の選択肢になります。しかし、快適かどうかは保証の限りではありません。私としては、遠近両用メガネを高く買う必要はないと思いますが、価格最優先の選択は向かないと考えます。 (ちなみに、過去に主たるレンズメーカーの遠近両用レンズを複数試しましたが、これなら快適と思ったレンズを、セットレンズで手に入れることはできませんでした。)
ファッション優先//自分に似合う、カッコイイ、オシャレなメガネが優先ならば、コンセプトショップを覗いておきましょう。ただし、遠近両用メガネに向いたデザインは少ないので、販売員とよくよく相談しないと使いにくいメガネになる可能性があります。また、この年代にふさわしい品質・仕上げと、若々しいデザイン、そして遠近両用レンズの能力を充分に発揮しうることのすべてを兼ね備えたフレームはなかなか見つかりません。ファッションを優先すれば、何かを捨てることを前提とした選択をしてください。
ブランド優先//有名ブランドのメガネフレームはたくさんあります。そのブランドがお好きであれば価格は関係ないでしょう。掛けにくさ、入手がしにくいのも関係ないでしょう。ただし、遠近両用メガネを作る時には、どうしてもダメというデザインもあります。遠近両用メガネにする場合の条件を、メガネ屋に聞いてください。

         

初めての遠近両用:店舗型別解説/私見です:ご参考までに

一言で言うと、お勧めできません。
初めてメガネを購入される方(遠近両用に限らず)は、眼科処方箋を持ってきてくださいと公言している店舗があるくらいですので、初めての遠近両用メガネが得意とは言えないでしょう。 そして、選べるレンズ種が少ないこともネックです。慣れやすいレンズは、やはり最新設計のレンズです。その扱いはほとんどないはずです。

かつ、遠近両用メガネを掛けた経験がある年代が、販売員にほぼいない店舗が多く、最も失敗しやすいと言われる最初の遠近両用メガネをまかせるのは難しいと思います。
3プライスと比べると選べるレンズが増えるのですが、フレーム品揃えがどちらかと言えば若向きです。カッコイイのですが、天地幅が狭いものが多く、初めての遠近両用メガネには向きません。

かつ、急激に拡大したチェーンが多いため、遠近両用メガネを掛けた経験がある販売員が少ない店舗が多いようです。最も失敗しやすいと言われる最初の遠近両用メガネを選ぶなら、フレームとヒトも同時に選びましょう。
選べるレンズが、ほぼフルラインになります。フレーム品揃えも遠近両用メガネを考慮したものがあります。あとは、よい販売員に当たればそれなりの遠近両用メガネが手に入ると思います。

問題は、皆さんの選択方法と価格です。競合店対策で価格の低いセットを用意している店舗もあります。この場合、他店と同様にレンズの縛り、フレームの縛りがかかります。結果として他店で購入する時と変わらない状況を作ることになりかねません。

価格は少し高くなると思いますが、レンズの縛りは外して、自分に最も合うであろうレンズを販売員によく相談して選ぶほうが、この店タイプの能力を活かすことになるのでお勧めします。
全国チェーン店タイプと、ほぼ同等のパフォーマンスです。

遠近両用メガネセットも用意されていますし、自由に選べるレンズも多くなります。裏返せば、選択すること自体が難しくなります。セットの品質は、統一価格店と同等以上の勝負ですが、フレーム数が少ない場合があります。御自分が選んだ商品によって、コストパフォーマンスがある幅でブれると思ってください。

最初の遠近両用メガネを含めて、ほとんどのメガネに対応できることを考えた品揃えと店舗です。その材料を活かせるヒトに当たるかどうかで、パフォーマンスが出る時と出ない時があります。高く払って徹底的にパフォーマンスを引き出すか、セットで収めるか、その選択から始めてください。

予算に合わせたパフォーマンスを平均すると、このグループは優秀だと思います。20,000円以上出してもいいならお勧めの選択肢です。
このグループは、まだまだ価格が高い店舗が多く、ある程度の金額を払う前提でしか語れないのが残念なところです。(安くするのが恥だと勘違いしている店舗もあります。)

しかし、中には価格を出来るだけ抑えることに努力している店舗もありますので、広告などを参考に見極めてください。価格が高い前提とすると、パフォーマンスはヒトとサービスでしか測れません。接客が素晴らしい、説明が親身でわかりやすい、とにかくやさしくて親切、マジックを見るような技術がある、販売員本人が遠近両用メガネのベテランユーザーで経験が豊富・・・これらの何かを買ってもいいと考えれば選択肢に入ります。

店主に魅力があれば、それがパフォーマンスだと言っていいと思います。よいヒトの価格は高いです。
一言で済ませば、このタイプの店舗は、レンズではなくフレームを買う店です。レンズが重要な遠近両用メガネでは、コストパフォーマンスが出しにくいと言えます。

フレームもデザイン優先で、天地が狭いものも多くあります。カッコ優先か、見易さ優先かの選択です。天地が狭いと見える部分が少なくなるのは明らかなので、それを覚悟で購入してください。

遠近両用メガネに見えないデザインのフレームを遠近両用として使う。それがこのタイプのパフォーマンスでしょう。かなり難しいことですので、価格はかえりみずにセッティングすべきかもしれません。つまり、コストパフォーマンスは無視されます。

         

コストパフォーマンスについて:店舗型別解説/私見です:ご参考までに

コストパフォーマンスを考慮に入れても、最も安価です。絶対価格なら、これより安いものがありますが、役に立つかどうか疑問が残ります。

その点、このグループのフレーム・レンズともに最低ラインをクリアしています。最初の遠近両用メガネを買うなら勧めませんが、サブ・スペア・非常用ならいいでしょう。(難しい度数や、特殊な特注は除きます。)

例えば、スポーツ用ではない、単なるサングラスで遠近両用が欲しい場合なら試す価値があります。同じ度数で作りましょう。薄さや軽さはともかく、見え方で不満が出る場合がありますから、非日常用として購入する時のみパフォーマンスを発揮すると考えてください。
薄型レンズを含めると、トータルコストパフォーマンスは高いと言えます。

価格に縛りがある前提であれば、選べるレンズに限度がありますから、最適レンズかどうかには疑問が残ります。現在使用中の遠近両用メガネのレベルと比べて、同等以上なのかどうかを確認しましょう。

最初の遠近両用メガネを買うなら勧めませんが、2本目以降ならいいでしょう。(難しい度数や、特殊な特注は除きます。) 例えば、とりあえず統一価格内のレンズで作り、どうしても見え方に不満がある場合は、レンズのレベルを上げてもらいましょう。その差額だけで済むかどうかの確認も必要です。

薄さや軽さは納得できると思います。あとは、見え方です。個人差が大きく出ますので、条件があった時にパフォーマンスを発揮すると考えてください。
遠近両用メガネセットも用意されている場合もありますし、自由に選べるレンズも多くなります。

裏返せば、選択すること自体が難しくなります。セットの品質は、統一価格店と同等以上の勝負ですが、フレーム数が少ない場合があります。御自分が選んだ商品によって、コストパフォーマンスがある幅でブれると思ってください。

最初の遠近両用メガネを含めて、ほとんどのメガネに対応できることを考えた品揃えと店舗です。その材料を活かせるヒトに当たるかどうかで、パフォーマンスが出る時と出ない時があります。高く払って徹底的にパフォーマンスを引き出すか、セットで収めるか、その選択から始めてください。

予算に合わせたパフォーマンスを平均すると、このグループが優秀だと思います。20,000円以上出してもいいならお勧めの選択肢です。
全国チェーン店タイプと、ほぼ同等のパフォーマンスです。

遠近両用メガネセットも用意されていますし、自由に選べるレンズも多くなります。裏返せば、選択すること自体が難しくなります。セットの品質は、統一価格店と同等以上の勝負ですが、フレーム数が少ない場合があります。御自分が選んだ商品によって、コストパフォーマンスがある幅でブれると思ってください。

最初の遠近両用メガネを含めて、ほとんどのメガネに対応できることを考えた品揃えと店舗です。その材料を活かせるヒトに当たるかどうかで、パフォーマンスが出る時と出ない時があります。高く払って徹底的にパフォーマンスを引き出すか、セットで収めるか、その選択から始めてください。

予算に合わせたパフォーマンスを平均すると、このグループは優秀だと思います。20,000円以上出してもいいならお勧めの選択肢です。
このグループは、まだまだ価格が高い店舗が多く、ある程度の金額を払う前提でしか語れないのが残念なところです。(安くするのが恥だと勘違いしている店舗もあります。)

しかし、中には価格を出来るだけ抑えることに努力している店舗もありますので、広告などを参考に見極めてください。

価格が高い前提とすると、パフォーマンスはヒトとサービスでしか測れません。接客が素晴らしい、説明が親身でわかりやすい、とにかくやさしくて親切、マジックを見るような技術がある、販売員本人が遠近両用メガネのベテランユーザーで経験が豊富・・・これらの何かを買ってもいいと考えれば選択肢に入ります。

店主に魅力があれば、それがパフォーマンスだと言っていいと思います。よいヒトの価格は高いです。
一言で済ませば、このタイプの店舗は、レンズではなくフレームを買う店です。レンズが重要な遠近両用メガネでは、コストパフォーマンスが出しにくいと言えます。

フレームもデザイン優先で、天地が狭いものも多くあります。カッコ優先か、見易さ優先かの選択です。天地が狭いと見える部分が少なくなるのは明らかなので、それを覚悟で購入してください。

遠近両用メガネに見えないデザインのフレームを遠近両用として使う。それがこのタイプのパフォーマンスでしょう。かなり難しいことですので、価格はかえりみずにセッティングすべきかもしれません。つまり、コストパフォーマンスは無視されます。

         

ファッションについて:店舗型別解説/私見です:ご参考までに

40歳以下の消費者が、購入者の中心となるの店舗です。当然、そのアタリを中心としたフレーム品揃えになります。

価格からいっても、重厚な、仕上げの良い、コダワリのあるフレームはありません。あくまで家用で使うものと割り切ってください。50代以上に、メインの遠近両用メガネとして、職場でも、外出先でも、公の場所にも掛けていけるものとは申し上げにくいです。
40歳以下の消費者が、購入者の中心となるの店舗です。当然、そのアタリを中心としたフレーム品揃えになります。

3プライスほどではないにしろ、価格からいっても、重厚な、仕上げの良い、コダワリのあるフレームは多くありません。どちらかと言えば、プライベートで使うもの(趣味用、ドライブ用、家用)と割り切ってください。

50代以上に、メインの遠近両用メガネとして、職場でも、外出先でも、公の場所にも掛けていけるものを選ぶとすると、消費者自身が目利きである必要があります。

フレームがあるクラスで抑えられているため、その上のクラスを知っているヒトから見ると、安っぽく感じられる場合があります。見抜かれたくなかったら・・・と言う事です。
ほとんどすべての年代の消費者を、購入者と設定している店舗です。当然、満遍なくバランス重視のフレーム品揃えになります。価格も低価格セットから18金のような高級品まで揃えています。

品揃え幅が広いため、ひとつひとつのカテゴリーは薄くなります。しかし、50代以上が、メインの遠近両用メガネとして、職場でも、外出先でも、公の場所にも掛けていけるものを選ぶとすると、ソコソコ揃ってます。

本来は、オトナのフレームだけが揃っていてリーズナブルに買える店舗が欲しいところですが、この形式に近いスタイルを持つひとつがこのグループだと思われます。
販売スタイルは、全国チェーン店タイプによく似ています。
ほとんどすべての年代の消費者を、購入者と設定している店舗です。当然、満遍なくバランス重視のフレーム品揃えになります。価格も低価格セットから18金のような高級品まで揃えています。

品揃え幅が広いため、ひとつひとつのカテゴリーは薄くなります。しかし、50代以上が、メインの遠近両用メガネとして、職場でも、外出先でも、公の場所にも掛けていけるものを選ぶとすると、ソコソコ揃ってます。

本来は、オトナのフレームだけが揃っていてリーズナブルに買える店舗が欲しいところですが、この形式に近いスタイルを持つひとつがこのグループだと思われます。
ほとんどすべての年代の消費者を、購入者と設定している店舗です。当然、満遍なくバランス重視のフレーム品揃えになります。
品揃え幅が広いため、ひとつひとつのカテゴリーは薄くなります。50代以上が、メインの遠近両用メガネとして、職場でも、外出先でも、公の場所にも掛けていけるものを選ぶとしても、絶対数が少ないと感じるかもしれません。

本来は、オトナのフレームだけが揃っていてリーズナブルに買える店舗が欲しいところですが、既存のお客様対応のため、品揃えを変えられない店舗が多いようです。
このタイプの店が対象とする消費者は30代男性です。50代以上が掛けると、どうしても若作りに見えてしまいがちなフレームが中心です。(そうでない方もたくさんおられますが。)

ファッション優先で選ぶわけですから、遠近両用メガネとしては使いづらくなる可能性もあるので、どうぞご自由にとは申し上げにくいところです。販売員とよく相談してください。

         

技術について:店舗型別解説/私見です:ご参考までに

購入される年代層、販売員の年齢や経験、扱っているレンズ種、サービスに使える時間などを考えると、技術が高いとは到底思えません。
原則として、(技術研鑽に積極的な店舗もあるようですが)このタイプの店に、遠近両用メガネに関する技術的期待は持たないほうがいいと思います。
購入される年代層、販売員の年齢や経験、扱っているレンズ種、サービスに使える時間などを考えると、技術が高いとは言いにくい部分があります。

使用するレンズ種を縛ると、他のレンズに関する知識と経験は積めません。かつ、遠近両用メガネが必要の無い年齢の販売員だと理屈だけの説明になりがちです。原則として、このタイプの店に、遠近両用メガネに関する高度な技術的期待は持たないほうがいいと思います。
購入される年代層、販売員の年齢や経験、扱っているレンズ種、サービスに使える時間などを考えると、それなりの技術研鑽が可能と思えます。

使用するレンズ種が選べると、そのレンズに最適なお客様の状況を把握する知識と技術がないと売れません。ある程度の人員がいないと詳しい説明は出来ません。若い販売員の場合、わからないことがあった時、知識・経験が豊富な先輩に聞く必要があります。

これらの条件をクリアする可能性があるので、このタイプを標準技術があるとしました。しかし、このタイプの店舗でも、購入者から苦情をよく聞きます。遠近両用メガネを100%のセッティングで販売することは、それだけ難しいということでしょう。
このタイプは、全国チェーン店タイプとよく似ています。
購入される年代層、販売員の年齢や経験、扱っているレンズ種、サービスに使える時間などを考えると、それなりの技術研鑽が可能と思えます。

使用するレンズ種が選べると、そのレンズに最適なお客様の状況を把握する知識と技術がないと売れません。ある程度の人員がいないと詳しい説明は出来ません。若い販売員の場合、わからないことがあった時、知識・経験が豊富な先輩に聞く必要があります。

これらの条件をクリアする可能性があるので、このタイプを標準技術があるとしました。しかし、このタイプの店舗でも、購入者から苦情をよく聞きます。遠近両用メガネを100%のセッティングで販売することは、それだけ難しいということでしょう。
購入される年代層、販売員の年齢や経験、扱っているレンズ種、サービスに使える時間などを考えると、それなりの技術研鑽が可能と思えます。
使用するレンズ種が選べると、そのレンズに最適なお客様の状況を把握する知識と技術がないと売れません。ある程度の人員がいないと詳しい説明は出来ません。自分自身が遠近両用メガネユーザーであることから、知識・経験が豊富である可能性があります。

これらの条件を考慮すると、かなり良いレベルと考えられますが、件数の少なさ、他業種についての知識不足(メガネ屋はメガネのことしか知らない場合あり) がマイナスになります。 まぁ、このへんがメガネ屋としての普通レベルの技術かと思われます。
購入される年代層、販売員の年齢や経験、扱っているレンズ種、サービスに使える時間などを考えると、いくつかの疑問点があります。
フレームはデザイン優先の品揃えです。それに無理やり遠近両用レンズをセットすることは難しいことです。

その意味での技術はあるかもしれませんが、本来の技術ではありません。これらの条件を考慮すると、件数の少なさ、デザイン優先の販売が疑問点を残します。ちょっとムリかも? は承知の上で、販売員によーく相談してください。

         

レンズの薄さについて:店舗型別解説/私見です:ご参考までに

御自分の度数で、どの程度の厚さになるのかを把握することが先決です。通常のメガネと遠近両用メガネでは厚みの出かたが違います。御自分が使っている遠近両用レンズと同等以上のレンズが買えるか? を確認してください。フレームを大きくしなければ、同じ厚さになるはずです。
最も薄いタイプと言われる(屈折率1.74)をオプションなしで提供しています。ある意味英断なので評価できます。
ただし、薄いレンズが欲しい=度数が高いということなので、レンズ設計の影響も考慮すべきでしょう。この場合、レンズメーカーと設計年度の差が明確に出ます。

自分の度数で、どの程度の厚さになるのかを把握することが先決です。通常のメガネと遠近両用メガネでは厚みの出かたが違います。御自分が使っている遠近両用レンズと同じメーカー&設計年度が新しいレンズが買えるか? を確認してください。フレームを大きくしなければ、同じ厚さになるはずです。
最も薄いタイプと言われる(屈折率1.74)を含め、様々なレンズが用意されています。
ただし、セット価格内ですべての薄型レンズが提供されるとは限りません。レンズ種が多い分、適切なレンズを予算内で選ぶことは難しいことです。言い換えれば、販売員しだいのところがあり、高いものを勧められる可能性は残っています。

このことは、メガネ屋を信用できない原因にもなっていますが、今のところ解決される様子がありません。できれば、皆様にマイレンズとも呼べるメーカー・銘柄・商品名を決めてもらうことが、皆様ひとりひとりにとっての解決方法だと思ってます。当サイトでは、そのための情報を、出来るだけ多く提供していくつもりです。

御自分の度数で、どの程度の厚さになるのかを把握することが先決です。通常のメガネと遠近両用メガネでは厚みの出かたが違います。御自分が使っている遠近両用レンズと同じメーカー&設計年度が新しいレンズが買えるか? を確認してください。フレームを大きくしなければ、同じ厚さになるはずです。

         

見やすさ・掛けやすさについて:店舗型別解説/私見です:ご参考までに

見やすい・かけやすい遠近両用メガネの条件とは、

  1. 軽量で、レンズ位置保持が出来る剛性を持つ、前後バランスがいい、眼とレンズの間が調整しやすい、用途に合ったレンズデザイン(天地・横幅・カタチ)であり、適切な大きさのフレームが選ばれること。
  2. レンズは、用途に合った遠く用の度数&近く用の度数が選択され、それまでのメガネ使用経験から、適切なメーカー・商品が選択されること。
  3. レンズが適切な位置に来るように加工され、フレームに適切にセットされること、この時点でメガネ全体の前後バランスが良いこと。
  4. 設定されたレンズ位置が保持されるよう、顔にフィッティングされること。
  5. 適切なメンテナンスサービスが受けられること。

3プライスでは、ほとんどの項目で?マークが残ります。
見やすい・かけやすい遠近両用メガネの条件は同じです。
統一価格店では、今一歩の項目が残ります。うまく選択できれば安くていいと思うのですが、みんながみんなうまくいくとは限りませんので。
全国チェーンと言えども、合格点をあげられないのがツライところです。ただし、トータルでの実力はありますので、掛けにくい場合もしつこく相談してみてください。
地域一番チェーンと言えども、合格点をあげられないのがツライところです。地域密着、地域一番のプライドはありますので、最後まで相談しましょう。
本当はこの項目で合格点を取るべき店舗ですが、合格点をあげられないのがツライところです。
何かを改善する意欲、学習する姿勢に欠ける店舗があります。逆に、とんでもないウデと信用を持った店舗もあります。地域密着、地域一番のプライドはありますので、最後まで相談しましょう。
フレーム品揃え、選ぶ基準、選ばれたフレーム等の条件からして無理があるのかもしれません。出来るだけ見やすくすることをお願いしてみてください。