Loading...

フレーム選択
45歳~50代用メガネフレーム

45歳~50代用メガネフレーム/どの種類を選びますか?

45歳~50代用メガネフレームの選び方を、消費者目線で整理してみました。


場合別に検討してください。

 

45歳~50代用メガネフレームはこう選ぶ

学生時代からコンタクトを装用されていた方も、コンタクトで通すには遠近両用コンタクトが必要になります。今までのコンタクトのままであれば、その上から掛ける遠近両用メガネもしくは老眼鏡が必要になります。

体調が変化したり、涙の量が減ったり、コンタクトオンリーでの視生活はお勧めしにくい年代ですので、メガネを主にすることも検討してください。

ただし、注意点があります。
いきなり遠近両用は難しい=コンタクトとメガネの見え方がかなり違うのはご存知のはずです。同様に遠く用メガネと遠近両用メガネは、これまたかなり違うのです。そこで段階を踏むことをお勧めします。

  1. 遠く用を作る=いずれ運転用&スポーツ用になります。カジュアル傾向/3プライスでもかまいません。
  2. 近く用を作る=メガネを外せば近くが見える方も多いでしょう。必要な時のみで結構です。いずれ読書用になります。これもカジュアル傾向/3プライスでもかまいません。
  3. 遠近両用を作る=これがメインです。下記コーナーを参考に選んで投資してください。これを3プライスで作ることはお勧めしません。

 

指導者層に入る世代です。会社組織でも、社会的にも責任がハッキリ求められます。老後もチラホラ見え、健康面が基本的関心事にもなります。自己管理と他者への適切な対応が、ホンモノのオトナとして求められます。「ホンモノの存在感があること」が、メガネを選ぶ基準になると考えます。

男女共に共通するのは、仕事ができることはあたりまえで、信頼感があること、センスがいいこと、落ち着きがあること、それに年齢なりの良い意味でのセックスアピールだと思います。おそろしく難しいメガネ選びになりますが、当サイトでも提案していきたいと思います。

 

この年代は、様々なことが見えてくる、楽しめる年代でもあります。いろいろな場所、場面ごとにメガネを掛け換えて欲しいのですが、ネクタイやスカーフのように何本でもというわけにはいかないでしょう。

マナー面も考えて、こんな感じでいかがでしょう?

  1. 冠婚葬祭用=葬式を考えてクロ主体で1本
  2. 趣味用=お好きな趣味もベテランの域でしょう。ちょっとこだわりましょう。⇒

     

  3. 部屋用=実は遠近両用の条件を外せば、カジュアルで使いやすい部屋用は作れます。中近両用をご検討ください。
  4. サングラス=眼の健康を考えても、紫外線は確実にカットしたいものです。


機能によっては、遠近両用である必要はありません。余裕のある時に検討してみてください。

 

メガネ屋に行って遠近両用を購入される際に聞かれたと思いますが、遠近両用メガネを作ろうとすると、フレームにある程度のシバリが掛かります。全く自由に選ぶわけにはいきません。

裏返せば、好きなフレームを自由に掛けたければ、遠近両用を捨てたほうがいいということです。便利さとファッションのどちらを取るかは皆さんの自由です。掛け換えの不便さを取っても掛けたいフレームが見つかれば、思い切ったほうがいいでしょう。

(いろんなフレームのために、様々な設計の遠近両用・中近両用などが供給されていますので、便利さが捨てきれない方はメガネ屋で御相談ください。)

 

ほとんどの方は、お子さんから手が離れ、使える時間が増えてきます。その時間を御自分のために使う=趣味やお友達とのお出かけに使うのがひとつ。
もうひとつが、社会的にも「〇〇さんの奥さん」以上の存在として、社会貢献や起業に使われたりする場合もあるでしょう。

どちらにしても、生活が外向きに変わってくると見ています。できれば、それぞれの場面でメガネを楽しんでもらいたいのです。
具体的には、上記プライベートコーナーに付け加えて
  1. ちょっとした外出&旅行用⇒薄いカラーもしくは調光レンズを入れて
  2. ビジネスライクな場所へは⇒奥様ではなく、1個人としての存在感を
場面ごとに印象を変えられることは、TPOを理解している利発さと、自分自身をコーディネートできるファッションセンスを示すことにもなります。 

 

「私はメガネなしで遠くは見える、老眼だけなのよ。」 男女共に老眼鏡オンリーの方も多いと思います。もちろん、遠近両用を掛けていただいてもいいのですが、この年代まで一度もメガネを掛けたことがない方にとっては、掛ける時間をできるだけ少なくしたいというのが本音のようです。(メガネを掛けた時の違和感に慣れ切れない)

ところが、掛けたくないという想いが先にたって、メガネ選びがテキトーになっている方も見受けます。具体的には、ダンヒルのスーツに1000円ショップで買った既成老眼鏡はやっぱり似合いません。
どうせ掛けるなら、カッコイイ、素敵な老眼鏡を掛けましょう。腕時計のように他人に見られる部分です。

 


参考になるサイト