100%消費者のため/メガネ購入応援サイト/メガネコンシェル

役立つ知識/メガネレンズの屈折率を知ろう

皆さん最大の関心事、レンズの薄さに直結する数値です。
一般に、近視系の度数が高い方の問題なので、それを前提に書きます。
レンズの薄さを屈折率で語る前に前提が二つあります。

①レンズはその直径が大きいほどコバ厚(皆さんが気にする横からみた時の厚さ)が出る。よって、屈折率が同じレンズならば小さなフレームで作ったほうが薄く出来る。

②レンズ設計は大きく分けて、球面と非球面がある。屈折率が同じレンズならば、ほとんどの場合、非球面設計のほうが薄く出来る。

屈折率を比べる場合、フレームサイズとレンズ設計が同じじゃないとダメってことなんです。屈折率だけにこだわっても薄く出来ない場合も出てきます。
自分のフレームサイズで、コバ厚が何ミリなら納得するのか? を先に決めておくと、選択肢が最初から絞りこまれます。



まずは基礎知識

①コバ厚を薄く指定しすぎると、その他の部分が薄くなりすぎて収められないフレームが出てきたり、レンズが欠ける原因になる。最大コバ厚は3mm~4mmを目安に。

②一般に、屈折率が上がれば、その分歪み率も上がる。厚みに納得できるなら、最も低い屈折率を選んだほうがよい。

③同じ屈折率でも、メーカーや商品によって中心厚の差、設計の差があり、微妙に仕上がりが違う。




販売員の商品知識がわかっちゃう

フレームサイズを一定範囲に決めると、度数が同程度あれば、自分が使うレンズの屈折率は決めることが出来ます。
薄さによって価格を変える店舗を比較したければ、「非球面で1.67」のように、ほぼピンポイントで価格情報が得られます。
例えば予算を統一価格店クラス(20,000円まで)にしておいて、レンズ価格がわかれば、その店舗で予算内で選べるフレーム価格上限がわかります。
これで比較できる店舗の幅が広がれば、より納得しやすい選択になります。


メーカーの違いあり

屈折率指定まで出来ると、メーカー差や商品差にも気が回るようになります。さすがに商品差を見極めるの難しいのですが、メーカーによる設計差は結構ハッキリしています。現在のメガネに慣れていて問題がないようであれば、同じメーカーを選ぶべきです。
逆に現在のレンズに不満があれば、販売員にメーカー変更を依頼しましょう。ここでキチンと答えが返ってくれば、それなりの結果を期待できます。
価格が大差なくなってきた状況では、より高度なポイントでよりよい買い物に結び付けましょう。

前のページへ

↑ PAGE TOP

   

↑ PAGE TOP