メガネの買い方を学校で教えてください。

ほぼ100%の消費者は、死ぬまでに一度はメガネを掛けるはずです。

近視・遠視・乱視の程度があるレベルを超えると、メガネかコンタクトのお世話になるはずです。正視に近い方も老眼になるので、老眼鏡のお世話になるはずです。メガネを嫌ってコンタクトを主に使う方も、自宅用や緊急用にメガネは掛けるはずです。

ならば、メガネとはどんなものか? どのように選ぶべきか? どのように購入すべきか? 中学・高校あたりで教えてはいかがでしょう? レンズは光学の勉強にもなります。遠近両用は複雑な成型の勉強にもなります。

業界は、厚労省や経産省だけではなく、文科省にもアプローチすべきかもしれません。